2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お久しぶりです

またまたブログが滞っておりました・・・
前回の長い留守中、シッターさんは
「ホカペの上にトンネルを置くとあったかいし良く遊んでくれる」事を発見してくださっていました。

それ以来トンネルはホカペの上に置かれるようになり、
あかねは遊びたくなると



hokapetunnnel1.jpg
スタンバイOKですけど~



トンネルの中で待っており、



hokapetunnnel2.jpg



ツンツンバシバシと楽しそうに遊んでいます♪

このトンネル・・・



hokapetunnnel3.jpg



行き倒れ場所としても最適なようです(笑)


ところで長い留守から帰った次の日、
「これから抗がん剤治療が必要な猫さんの輸血に協力してほしい」という依頼がきまして
あかねがご協力することになりました。3頭続けて血液型が合わず、あかねで4頭目とのこと・・
あかねは血液型は合ったのですが、マッチングテストで合わず結局ご協力できなかったのですが、
他に来ていた猫さんの血液がマッチングし、やっと抗がん剤治療を始められる!と飼い主さんと喜んだのもつかの間、
その猫さんは急に具合が悪くなり天国へ行ってしまいました。
猫さん、手術した後に「何も治療をしなければ余命2週間」と宣告を受けていたそうです。

「まだまだこの仔との生活がこれからも続くと思っていたのに、後2週間で終わってしまうなんて信じられないです。」
と仰っていた飼い主さんの声や、
私が会った時は元気そうだった猫さんの可愛い顔を思い出すと今でも涙が出てくるし、やりきれない思いになります。

ウチの三猫もいつ何が起きるかわからない。
みんなが元気でいてくれる毎日を普通と思わずもっと大事にしていかなくちゃ、と本当に考えた一件でした。
私は三猫が初めての猫なのでまだ「愛猫の死」を経験したことがありません。
いつか経験しなければならない別れにどうやって向き合ったらよいのか、考えるだけでとても不安になっております・・・



br_decobanner_20111101194754.gif
↑ホカペ、飼い主の座る場所がどんどん狭くなっています(>_<)
スポンサーサイト

| 三猫日記 | 00:08 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。